貸切バスを利用するならどこに行く?

貸切バスを利用するならどこに行く?

貸切バスを利用するならどこに行く? 比較的小さなタイプから完全な大型まで貸切バスを利用してお出かけをするのであれば、どこに行こうかと目的地探しをするのも非常に楽しいものです。思い切って遠出をするのも良い方法になりますが、そうではなく、大人数で道の駅めぐりをするなどというのも人気を集めています。
貸切バスでお出かけする際には仲良し車の人たちが集まってお出かけをしますので、どこに出かけても楽しい思い出作りが出来るでしょう。
あまりにも遠出をしてしまうと、貸切バスの車内で過ごす時間が長くなってしまうためここで疲れてしまうことがあります。そのためさほど遠い場所ではなく、さらに大人数で出かけても楽しめるような場所を選びましょう。

長距離になってくると当日中で動くことが難しくなるので、宿泊込みで複数日にわたって運転していかなくてはなりません。自分たちで大型バスを運転して行く場合には遠出をすることもできますが、運転士さんにお願いするとなれば、その分料金が必要になるのであまり遠くに出かけるのも難しくなってしまうでしょう。
目的地などを特に定めず、サービスエリア巡りをするというのも一つの楽しみ方になります。近年では高速道路のサービスエリアは充実した設備が整っていることが多く、温泉に入ることができたり、足湯をすることもできます。またそれぞれのエリアで名産品を購入することもできるので、このようなサービスエリアを幾つか回り、上りと下りで帰ってくるというツアーはいかがでしょうか?
日頃から高速道路を使ってお出かけすることがない方は、このようなプランでも非常に物珍しくて良い思い出作りが出来るものです。

原則として1日で200キロ以内の移動を考えた場合、200キロといえばある程度の遠出をすることは可能です。そのため、有名な温泉施設やテーマパーク、博物館などといったレジャー施設を目指しても良いでしょう。ただしレジャー施設にお出掛けする場合には、自分たちが施設で楽しんでいる間、運転士さんやバスガイドさんはどのように過ごすのかを考えておく事も重要になります。基本的にはバスの中で運転士さんやガイドさんは過ごしているのですが、これは気持ち的に忍びないと思うようであれば、自分たちが運転できるバスをチャーターすると良いでしょう。とにもかくにも貸切バスを利用する際は時間に余裕を持つことが重要になります。

お土産を購入する場合であっても、お手洗い休憩を取る場合であっても必ず時間に余裕を持ちましょう。時間ギリギリで目一杯の状態は精神的にも余裕が持てなくなります。せっかくお出かけをしたのに買いたいと思っていたお土産を買い忘れてしまった、ということになればとても残念な気分になってしまうでしょう。このようなことを極力防ぐためにも、時間に余裕を持つことが重要なのです。
また、めいっぱいのスケジュールを組み込んでしまうと、運転士さんをはじめとしてバス会社さんにも迷惑をかけてしまうことがあります。あらかじめ時間に余裕をもってスケジュールを組んでおけば、このような状況に陥ってしまうこともなくバスに乗り込んだ瞬間から最後に降りるまで楽しい時間が過ごせるでしょう。

お出かけする場所としては前述したとおり、様々なレジャー施設などもありますがこのほかには紅葉シーズンになり、紅葉の美しい道路を貸切バスで走行しながらおいしいお店でお食事をとり、のんびりと返ってくるなどといったプランを計画することもできます。
参加するメンバーの年齢や行きたい目的地に合わせながら、様々なプランを計画してみると良いでしょう。貸切バスを利用する場合でも様々なバス会社が企画しているツアー旅行などを参考にしながら考えてみると非常に充実していて、効率の良い計画が立てられるかもしれません。

〔トピックス〕